注意点について

HARG療法では頭皮に成長因子を注入することになるのですが、そのための方法は主に2つ存在しています。1つはパピュール法と呼ばれるものです。こちらは注射によって注入します。そして、もう1つはノンニードル法です。

パピュール法というのは成長因子を含んでいるHARGカクテルを注射によって注入していきます。細い針を用いるのですが、人によっては痛みを感じてしまうこともあるでしょう。

ストレスもう1つの方法であるノンニードル法というのは、炭酸ガスのジェット噴射によって注入します。こちらは針を使わない方法であり、痛みが大幅に軽減されています。注射針よりも小さな点から頭皮に成分を注入していくことができるのです。ただし、ノンニードル法を取り扱っている医療機関は少ないため、こちらの方法で注入したいならば事前にきちんと調べておきましょう。

基本的にHARG療法は幅広い人に適用できる治療違法となっています。薄毛の原因やタイプによらず治療を受けることができます。どのようなタイプの薄毛でも対応できて、女性の薄毛を治療するためにも活用することができるのです。アレルギーの問題もありません。

HARG療法を受けたからといって、絶対に薄毛が改善されるわけではありません。ストレスや生活習慣などが原因の場合はこれらにも対処する必要があるでしょう。