注意点について

HARG療法では頭皮に成長因子を注入することになるのですが、そのための方法は主に2つ存在しています。1つはパピュール法と呼ばれるものです。こちらは注射によって注入します。そして、もう1つはノンニードル法です。

パピュール法というのは成長因子を含んでいるHARGカクテルを注射によって注入していきます。細い針を用いるのですが、人によっては痛みを感じてしまうこともあるでしょう。

ストレスもう1つの方法であるノンニードル法というのは、炭酸ガスのジェット噴射によって注入します。こちらは針を使わない方法であり、痛みが大幅に軽減されています。注射針よりも小さな点から頭皮に成分を注入していくことができるのです。ただし、ノンニードル法を取り扱っている医療機関は少ないため、こちらの方法で注入したいならば事前にきちんと調べておきましょう。

基本的にHARG療法は幅広い人に適用できる治療違法となっています。薄毛の原因やタイプによらず治療を受けることができます。どのようなタイプの薄毛でも対応できて、女性の薄毛を治療するためにも活用することができるのです。アレルギーの問題もありません。

HARG療法を受けたからといって、絶対に薄毛が改善されるわけではありません。ストレスや生活習慣などが原因の場合はこれらにも対処する必要があるでしょう。

HARG療法とは

HARG療法とは毛髪再生療法のことです。毛母細胞に働きかけることによって、毛髪を再生しようとするための治療法です。もしヘアサイクルが乱れていて薄毛になっているならば、髪の毛の成長期が短くなっており、休止期が長くなっている可能性があります。そこでHARG療法では成長因子を用います。こちらを頭皮に直接注入すると休止期にあった毛母細胞が刺激されます。これによって成長期に導くことができるのです。

成長因子成長因子は幹細胞から取り出したものを使います。幹細胞というのは細胞増殖をすることができて、特定の細胞に分化できるという2つの能力を有している細胞のことです。このような特性を持っていることから、薄毛治療に活用できるとして注目されています。

HARG療法では成長因子によって今すでに生えている髪の成長を促すことができます。また、髪の毛を抜けにくくすることもできます。さらに発毛を促すことも可能です。このように薄毛治療のために必要となるすべての要素をしっかりとカバーした治療法となっているのです。

HARG療法を用いれば抜け毛予防ができて、さらに育毛や発毛をすることができるのです。薄毛に悩まされている方にとってはとても魅力的な治療法といえるでしょう。

HARG療法がある

特に男性の中には薄毛の悩みを抱えている方が多いでしょう。中高年の男性は自分の髪の毛がどんどん薄くなっていることに危機感を抱いているケースが多いでしょう。そのまま放置していくと、最終的には髪の毛がなくなってしまうかもしれません。男性の脱毛症の場合はどんどん症状が進行していくのです。早めに対処しておかなければいけないでしょう。

抜け毛また、最近は若い男性や女性であっても薄毛や抜け毛に悩まされるケースが増えています。ストレスを抱えていたり、食生活が乱れているために髪の毛に大きな影響が出てしまうのです。髪の毛というのは誰にとっても重要なものです。もし自分の髪の毛が薄くなってしまうと、それがコンプレックスになってしまったり、大きなストレスになってしまうでしょう。仕事や私生活にまで影響が出てしまう可能性があるのです。そのため、薄毛の問題はできるだけ早く解決するべきです。

薄毛についてはクリニックで治療を受けることができます。その際にはHARG療法という治療法が存在しています。こちらは最近注目されている薄毛の治療法です。こちらを活用することによって、薄毛の問題を解決できるかもしれないでしょう。薄毛に悩んでいる方はぜひとも試してみてください。

こちらではHARG療法について解説しましょう。果たしてこれがどのような薄毛の治療法なのか、どのような仕組みで薄毛を改善させるのかを紹介します。薄毛の治療法について詳しくなりたい方は参考にしてください。